2018年6月17日日曜日

台湾カフェ  福苗

以前 パン屋さんと同じ建物に入っていたと思うけど・・・

今度は一軒家。
どっちかと言うと、普通の民家を改装した感じ。
古民家じゃなくて、今風の家のリビング兼ダイニングを客席にしていると思う。

だから、正直なところ、空席状況が外から全然わからないので、ちょっとそこが欠点かなぁ。
お昼は 台湾おこわのランチ と 米粉湯のランチ があって、おこわは一足の差で売り切れた。
だから、2人とも 米粉湯。


米粉はあっさりスープで、香菜の香りが爽やか。
チャーシューらしい肉片がたくさん入っている。さっぱりしているので最初はチキンかと思うほど。
優しい味のスープが美味しかった。
小籠包は、1個目を失敗してスープを飛び散らかしてしまった。
2個目からはちゃんと一口で食べられた。
サラダは蒸し豚なのかな?

デザートはふわふわのシフォンケーキと烏龍茶。


これで1200円。
次に行く時は、おこわを食べたいなぁ。

2018年6月9日土曜日

初夏の富田屋

今日は、卵丼(メニューでは 玉子丼)、トビウオ&コチ&アマダイのお造り、cats君は煮付け定食

開店半時間前に到着
既に3組が待っていた。


名前を書くボード

勝手に入るとおばちゃんに叱られるのだ。


玉子丼  お味噌汁、お新香付き で 378円



美しい・・・

蒲鉾と玉葱しか具材は入っていない。
青海苔が爽やか。
味は濃厚、大衆食堂の丼そのものの味。


お造り
左から 甘鯛、 コチ、飛び魚、コチ
飛び魚は姿造りになっている。頭の向こうにも飛び魚、甘鯛の皮の唐揚げ。



完食・・・


全部で、3510円。

後から同じテーブルの端っこに案内されてきた熟年カップル、富田屋は初めてらしく、印刷したメニューばかり眺めて選ぼうとしていたので、帳場横のボードに書かれた魚から好きな物を選べますよ、と教えたら喜ばれた。


宮津を出て、伊根へ。

お洒落なカフェ 海宮(ワダツミ)で チーズケーキとアイスコーヒーでお茶。


窓からの眺め


向井酒造で日本酒2本購入。

帰りは 福知山の「ぐうりんだい」で 台湾まぜそば
つけ麺のお店で、初めて入った。
食券制だった。
具材が最後に残ったら混ぜて食べるように、「しめご飯」が付いていた。
これを食べたら満腹で苦しくなった・・・。



2018年5月26日土曜日

びっくりな牛肉料理  サンセール さん

南京町の雑居ビルの中にある1984年創業のステーキ屋さん


お店の前で開店を待っていたのは女性1人・・・1人で食べに来ているんだ・・・

何だ、この値段は・・・安過ぎないか?


お店に入ると、脂の饐えた匂いが鼻に付いた。
壁もメニューも古ぼけてべたっとした感じ。
でも実際はそんなことないからね(笑
とにかく、レトロな感じのお店。
860円のメニューは撮っていないけど、いろんな種類あって、魅力的。
でも、今日は サンセール定食の中から、「ビーフカツレツとビーフシチューの盛り合わせ」1230円をオーダー。


スープとサラダ

スープは一見量少な目に見える。
実際少ないんだけど、ビーフコンソメのオニオンスープで美味しいのだ。
もっと欲しいけど、ビーフコンソメだ・・・実際に食べると十分満足出来る。



メインディッシュ

ビーフカツレツは、厚さ1cm。お肉が柔らかい! 衣がサクサク!
ビーフシチューが大きい! お箸で切れる柔らかさ。
自家製のグラス・ド・ビアンにワインを合わせて仕上げたソースだって。
グラス・ド・ビアンは、フォンドボーを何度も濾しながら煮詰めて作る、超濃厚ソースのことだそうだ。

付け合わせは バター風味のマッシュポテトと、スパゲティ。
スパゲティは一見よくあるケッチャプ和えに見えた。でも食べてみたら、ほのかなガーリックの風味に海老の甘さとコク、トマトのさっぱり感・・・これだけでも十分一品になると思うけど??


ご飯はお茶碗で食べやすい。


お腹いっぱいになったけど、この定食はコーヒーが付いていないので、お店を出たら
観音屋へまっしぐら・・・(笑

チーズケーキとブレンドコーヒーのセット。


夕飯は西脇 大橋ラーメンで・・・

「サンセール」さんは、あまり教えたくないお店の一つだなぁ・・・

2018年5月13日日曜日

綾茶cafe と casa del amici

 シャガの森から綾部市街地に戻った。
綾部市はあまりカフェや喫茶店がない。料理屋さんはたくさんありそうだけどなぁ・・・

グンゼスクエアに戻って、特産館の中にある 綾茶cafe でお茶にした。
コーヒーがない緑茶専門のカフェだ。

抹茶パフェをオーダー



ここまで入っているとボリュームがすごい・・・
抹茶でさっぱりしているから食べられたけど。

夕食は篠山へ行って、amiciさんで

新じゃがのオリーブオイル漬け
生ハム、チーズ、オリーブのオイル漬け


山芋チップス
ほのかにガーリック味


紀州産グレのカルパッチョ


ジャガイモのニョッキ


エンドウ豆と生ハムのリゾット


catsくんがオーダーした イタリアのプリン


マキアート



満腹・・・

町家ダイニングゆらり広小路  in 綾部市

綾部市の「ゆらり広小路」店にランチを食べに行った。
由良川の辺りの店には行ったことがあるけどこちらは初めて。

フレンチですが・・・和のテイストいっぱい!


建物は昭和時代の町家


中は洋風  和室もあるけど・・・


バーもある。


中庭に面したカウンターテーブルを選択。


簾がええね・・・
向かいは小物店「きらり」


お料理

ラタトゥイユ、 卵焼き(田麩付き)、かぼちゃと人参のマリネ
焼き鳥、蛸のジェネーヴェソース、海老の松毬揚げ
烏賊のお造り、海老の押し寿司、ホタルイカのマリネ


そこへ熱いポテトスープ登場


メインは3種類から選ぶ。
黒毛和牛の赤ワイン煮を選択。
ビーフと大根を煮込んである。付け合わせはマッシュポテト、サツマイモ、サヤエンドウ、焼きプチトマト。

それにライス


デザートは、キウイフルーツのパンナコッタとロイヤルミルクティ。



以上で1800円。

カレーライスも食べたかったな・・・

2018年5月4日金曜日

Oak Yard のランチ    待ち時間が長い・・・

朝来市佐嚢の山奥に人気のカフェがあると言う情報をネットで得たので行ってみた。

思ったよりわかりやすい場所にあった。
看板は途中に出ていないし、実際店舗に小さいのが出してあるだけだが、待ち人が大勢店前でたむろしていたので直ぐにわかった。
(人が多いので写真を撮らず。)

名前を書いていたら店の人が出て来て、オープンを告げた。
そして順番に1組ずつ中へ案内した。
最後に私達。8組目だった。(後で来た2組も相席みたいな感じで入った。)

メニューは おこわランチ(和ランチ)とパスタランチ(洋ランチ)の2つのみ。
1つずつオーダーした。
1時間待たされた・・・。
待っている間に外の気温が急速に低下。雨が降り出した。
どんどん客が来るが雨宿りの場所がない。気の毒である。

やっとcats君のおこわランチが来た。


cats君曰く「おこわはおこわじゃない」
天麩羅は衣が厚かったそうな。

私のパスタランチの前菜
てんこ盛りサラダ と 温かいふわふわのパン。


パスタはカルボナーラ風スープパスタ
筍が入っていた。


店内。
奥にテーブル席、左のドアを抜けると庭のテラス席とお手洗い。
右に厨房。
左奥はブティック。
私達の席は入り口のそば。(ドアの開閉で寒かった。)


味はよかったし、値段は手頃だし、お店の雰囲気自体は良い。
待ち時間が長いのが珠に傷。

2018年4月29日日曜日

滝見亭 の 山菜料理

滝を見に、香美町村岡の久須部渓谷に行った。

滝の位置はわからないので、滝の側にあると言う食堂「滝見亭」の住所をナビに入れた。
「滝見亭」のお料理は美味しいと言う評判をネットで得ていたので、お昼はそこでいただく予定にした。予約は入れていないが、予約なしで行っても大丈夫そうな気がした。
「滝見亭」目指して行ったのは正解で、滝の標識は出ていないが、手作りらしい「滝見亭」の看板が分かれ道毎に立ててあって助かった。
グーグルマップに従って行けば、道を間違えたでしょう。

駐車場前に、綺麗な鈴滝があった。
要滝や三段滝など、美しい滝を堪能してから、「滝見亭」に入った。
客は私たちだけだったので、ご主人が「見晴らしの良い二階でどうぞ」とコタツのテーブルに案内してくれた。
メニューは値段が異なる「滝見亭定食」3種類とお蕎麦だけだったので、cats君が「定食の違いは何ですか?」と訊いたら、「お肉が付いていたり、お造りが付いていたり・・・」
それでcats君は全部食べたいと思ったので、一番高い3300円の松定食をオーダー。
私もそれに倣った。

まず、どのコースも同じと思われる山菜料理。今朝採った山菜で、毎日内容が変わるとのこと。

見た目も色鮮やかで、綺麗なお料理。


葉ワサビの醤油煮(蒲鉾付き)
フキの煮たのに梅肉載せ
岩魚の唐揚げ(これ、めっちゃ美味しい!)
タラの芽と筍の煮たの (ほろ苦さより甘みがあって美味しい!)


自家製胡桃豆腐 (この店の名物らしい)
胡麻豆腐よりほのかな甘さがあって美味しい。


多分、これが松定食のメインだろうと思うけど、
「さっき捌いた岩魚のお造りです」
ウドのお刺身(?)も付いていて、これが綺麗で美味しい!


岩魚の塩焼き。
でかい! 身が骨からするりと外れて綺麗に食べられた。


お肉の陶盤焼き
「但馬牛じゃないけど、国産牛です」と奥さん
割り下が入っていて、すき焼き味に仕立ててある。


火が入るとお肉の色が悪くなるので、生の状態時で撮影。
玉葱、椎茸、ピーマン、山椒 が入っている。


最後は一気に・・・筍ご飯もしっかり味があって美味しかった。


お澄まし は 筍とワラビ、ワカメ
茶碗蒸しは、椎茸、銀杏、百合根、そして牛肉・・・
鶏肉や穴子ではなく、牛肉なんだ・・・


山菜の天ぷら
コゴミが甘くて美味しい。
他の山菜は名前がわからない・・・
お塩がかけてあるので、天汁なしでいただけるから、パリパリ!



酢の物
筍、ワラビ、胡瓜などの酢味噌和え


デザートはシンプルだけど、既に満腹なのでこれで十分。


「滝見亭」の外観
とんでもなく山奥にポツンとある、意外なご馳走を出してくれるお店。
お薦め!



二階は、個室の他に、大広間がある。大広間の方が景色が良い。


このコタツ席でお食事をいただいた。
窓から三段滝が見える。


お店に行くには、この橋を渡る。



遠くて難しいけど、また行きたいお店だ。

食事中、お店の電話が2度ほど鳴った。後でお料理を運んできた奥さんが「変な電話があって」と言う。
大阪あたりの人がお店に来たいのだろうけど、「最寄りの高速道路の出口を教えて欲しいと言うので、わからないと答えたら怒られて・・・」

この山奥に高速道路はありません・・・
私たちは、養父のインターで降りて、1時間かけてトコトコ走って来ました。